田舎で生活するのに自動車は欠かせません。東京在住時はどこに行くにも電車を利用し、車は郊外に遊びに行く時に使う、いわば「贅沢品」でしたが、淡路島移住以降は日常生活を送る上で不可欠な「足」に変わりました。買い物、外食、人と会う、全て車での移動が前提になります。

普段、妻と私は基本的に日中はそれぞれ別行動していて、夕食時に合流します。そういう意味では会社員時代と変わらず、ということになるでしょうか。夫婦仲はいい方だと思いますが、それでもこれくらいの距離感がいいよね、なんてよく妻と話します。四六時中顔を合わせていたら、息がつまるんじゃないですかね、お互いに(笑)。
話がそれましたが、こういったライフスタイルだと車1台では無理があり、移住後しばらくして軽自動車を1台買い足しました。

もともと私は高級車というものに興味がありません。車にステイタスを求めようとも思いませんし、デザインがそこそこ好みに合って、ちゃんと動いてくれればそれでいいのです。どちらかというと経済合理性の方に頭が回り、これまで新車を買うことすら考えたことがありません。むしろ、乗った瞬間に中古になる「新車」に余計にお金を払うなんて意味が分からないと思っているくらいです(笑)。しかし、今回はお目当ての軽自動車があり、中古市場にまだ出回っていないこともあって、人生で初めてディーラーとやらに足を運び、新車を購入しました。
で、実際に自身で2台維持してみて感じるんですが、軽自動車って最強です。田舎暮らしの強い味方と言えるでしょう。維持費を簡単に比較してみました。

普通車(コンパクトカー) 軽自動車
自動車税 年1回 34,500円 10,800円(増税後)/7,200円(増税前)
重量税 車検時(2年に1回) 24,600円 6,600円
自賠責保険 車検時(2年に1回) 27,800円 26,370円
 印紙代 車検時(2年に1回) 1,100円 1,100円
10年間合計 612,500円 278,350円(増税後)/242,350円(増税前)

全く走らなくても10年間維持するだけで、これだけの差。
燃費、任意保険、高速料金、フェリー代(一昨年の北海道旅行等)によって、さらにこの差は広がります。一昔前の軽自動車は本当に非力でしたが、最近の軽自動車の性能は驚くほど進歩していて私には十分なんですよね。ちなみに、淡路島では軽自動車は車庫証明すら必要ありません。

最近、普通車(中古のコンパクトカー)の方を車検に出す機会があり、こんな比較をしてみた次第です。
車検自体は淡路島に来てから2度目。前回は島内のオートバックスを利用しましたが、今回は諸々の検討の結果、これまた島内にあるホリデー車検という所にお願いしてみました。お値段は車の状態次第で、どちらが一概に安いとは言えませんが、今回の私の場合はホリデー車検さんの方が条件良かったです。自動車整備工場といった雰囲気で、すぐそばには海が広がり、お店の方々はとてもアットホームでした。

ホリデー車検1 ホリデー車検2

ホリデー車検さんのユニークなところは、車を一緒に確認しながら交換部品と条件を調整し、そのまま車検作業に入るところでしょうか。完了まで約1時間、代車の手配も必要なく、なかなか便利でした。

気に入っている車なので長く使うつもりですが、もし買い替える時が来たら、その時は軽自動車に変えるかも…。