先月の株式投資

先月の投資成績をまとめます。

  • 指数リバランス等の需給トレード:プラス
  • システムトレード(スイング):プラス
  • システムトレード(デイトレ):プラス

でトータルはプラスという成績でした。こう書くと絶好調に見えてしまいますが、正直大した利益は出ておりません(笑)。私にとっては我慢の時間が続きます。

選抜株式レースの方は、順張りシステム銘柄がうまくはまったものの、東証REIT指数リバランス狙いの需給トレードは、浮動株化による影響もあって若干のマイナス。まあまあというところでしょうか。

 2017年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
需給トレード
システムトレード(スイング)
システムトレード(デイトレ)
合計

雑感

10月は選挙相場ということもあって、前日比マイナスとなったのが2営業日だけ、という非常に強い上昇相場でした。どうやら海外投資家が大きく買い越したようですね。ただ、いずれにしても、株価が上昇しているからといって景気が回復している訳ではありません。景気が回復しているかどうかを確認するには、国内消費をはじめ、マクロの数値を丁寧に追いかける必要があります。株価というのは、そもそもミクロの数値です。そして、買う人が多ければ上がり、売る人が多ければ下がる、これ以上の真実はありません!(笑)

ちなみに、私のトレードは、この強い上昇相場の恩恵をほぼ受けていません。順張りシステムは好調な半面、逆張りシステムはほとんどトレードの機会がありませんし、そもそも私は買いだけでなく売りのシステムも併用することで、相場全体の上下に依存しない絶対収益を狙っているのですから。必ずしも相場の上昇にかけている訳ではないということですね。

どちらかというと、この一方的な相場でよくマイナスにならなかったな、と思っているくらいでして、そういった面では”利回り重視”から”安定性重視”にシステムを改造した効果が出ているのかもしれません。おそらく、会社員時代のシステムだったら、今月は大きくやられていたんじゃないかな…。その代わり、利益が出る時は今よりずっと大きな利益が出ていましたけどね。

  • 苦手な相場の時はトントンか若干の損失でしのぎ、得意な相場の時に収益を伸ばす
  • できるだけ右肩上がりの直線的な資産曲線を実現し、退場だけはとにかく避ける

というのが私が目指す資産運用です。