先月の株式投資

遅くなりましたが、先月の投資成績をまとめます。

  • 指数リバランス等の需給トレード:プラス
  • システムトレード(スイング):プラス
  • システムトレード(デイトレ):マイナス

でトータルはプラスという成績でした。デイトレのマイナスも誤差程度のもので、比較的恵まれた月ではありました。それでも、個人的に満足のいく成績には程遠いですけどね。我慢の時間は続きます。

選抜株式レースの成績は、最終的に

  • 全リーグ:5位
  • プレミアリーグ:2位

という結果でした。主催者の方には”初の完全優勝を狙う!”と盛り上げて頂きましたが、先日の投稿通り、「利回り」と同じくらい「安定性」にも配慮する私の投資スタイル/実力だと、このくらいが限界かと…。むしろ、上出来と言っていいと思います(笑)。

 2017年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
需給トレード
システムトレード(スイング)
システムトレード(デイトレ)
合計

雑感

今年になってからの成績を振り返ると、システムトレードが不調な反面、需給トレードの成績は良好です。さらにシステムトレードの詳細を分析してみると、私がメインと考えている逆張り系のルールは不調ですが(そもそも取引機会に恵まれない)、順張りは成績が良好です。

おそらく、難しいことを考えず、ひたすら相場の上昇にかけている投資家の方が今の相場では利益を出しやすいと思います。ただ、”システムトレード”という視点では、逆回転が始まった時のリスクコントロールを考えると順張りシステムにはあまり多くの資金を振り向けない方がいい、というのが私の研究結果です。又、今の日本の株式市場は、日銀やGPIFによって買い支えられ、流動性が失われています。”マクロ”的に考えても、やはりリスクが大きいのではないでしょうか。

以前もこのブログで記事にしたことがありますが、私の順張りシステムは、積極的に利益を追求するというより、逆張りシステムの弱点を補うためのものです。どれだけ優秀なルールでも必ず弱点はあります。その弱点を補うために別のルールを開発し、重ね合わせることで、リスクリターン比をより高めることができるのです。そういう意味では、まさに今は順張りがうまく効いてる期間と言えるのかもしれません。

苦手な相場でも何とか堪えて乗り越えることができれば、長期的には利益を出せると考えている訳です。全ては生き残るため、であります。