今月の株式投資

  • 指数リバランス等の需給トレード:マイナス
  • システムトレード(スイング):マイナス
  • システムトレード(デイトレ):プラス

でトータルはプラスという成績でした。私のシステムから見ると今月の急落は中途半端だったため、需給トレードやスイング系システムが若干のマイナスでしたが、市況の影響を比較的受けにくいデイトレ系システムで買ったり売ったりを繰り返して利益になったという印象です。

選抜株式レースは、先日の記事にも書いた3154メディアスホールディングスで大きくマイナスの成績を出してしまいましたね。また少しずつ積み重ねていきたいところですが、来週以降これといった銘柄がなく、どうしようか悩み中です。

 2017年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
需給トレード
システムトレード(スイング)
システムトレード(デイトレ)
合計

雑感

4月はいろんな意味で慌ただしい1ヶ月だったのではないでしょうか。普段政治にあまり関心がない私でも、北朝鮮情勢の緊迫はもちろんのこと、米軍によるシリア空爆、イギリスの解散総選挙、フランス大統領選など、考えさせられることが多々ありました。米国大統領交代と共に、世界のバランスが大きく変わり始めたということなのでしょう。このブログに詳しく書くことはしませんが、必要な備えはしておかないと…と思っています。

株式市場という点では、前半は急落ともいえる下落相場、後半は一転して反発となりました。
実は現在新ルールをテスト運用しておりまして、スイング系のシステムトレードの成績はそちらに若干足を引っ張られていたりします。新しいルールのコンセプトは「”浅い”押目買い」。既に私はいくつか押目買いシステムを運用していますが、大きな”深い”押目をとろうとしているせいか、売買回数が必ずしも多くありません。資金が遊んでいる現状を改善したい、つまり資金効率をもっと高めたい…、というのが原点です。
より小さな”浅い”押目を狙って短期で回転させるシステムが見えてきたので、本格的に開発に着手している中、4月前半の急落は良い試験となった気がします。実際に運用すると改善点が見えてくるもので、ここ数日はその改善作業に集中しています。うまくいったら、またこのブログで報告させて頂きます。