これから何回かに分けて日本経済について書いてみようと思います。以前に書いた日本の財政の話はストック(富の量)、今回はフロー(富の流れ)の話になります。どちらも巷にあふれる情報にあまりにミスリーディングなものが多く、このブログをご覧になられるような方が最低限ご存知であった方がいいと思われる内容を、情報ソースと共にまとめます。

  • 日本経済は円高によって危機に陥り、昨今の円安によって復活したのでしょうか?そもそも日本は輸出国家なのでしょうか?
  • 消費増税に際し、マスメディアや専門家と呼ばれる方々は景気への悪影響はないと断言していましたが、実際に影響はなかったのでしょうか?
  • アベノミクスと呼ばれる金融緩和と財政出動(公共事業)によって、日本経済は復活したのでしょうか?

いろんな意見はあっていいのでしょうが、正確な事実をベースに皆さんがご自身で考えられるように…、そんな思いで始めます。

GDP統計

さて、まずはGDPから。
内閣府がまとめたGDP統計はこちらに公開されています。
最新の「2017年」、これまた最新の2017年8月14日公表の「統計表」とクリックしていくと、現時点での最新統計データが現れます。下に引用したのは「実質年度」、すなわち物価変動の影響をとりのぞいた実質GDPの年度別実額データです。
“年度”、”国内総生産(GDP)”と並び、その右以降に並んでいる項目はGDPの内訳です。

年度 国内総生産 民間最終消費支出 民間住宅 民間企業設備 民間在庫変動 政府最終消費支出 公的固定資本形成 公的在庫変動 輸出 輸入 開差
FY1994 426,575 245,411 26,920 60,732 -512 72,310 43,137 721 34,762 -45,368 -11,538
FY1995 441,404 252,397 25,393 66,212 1,443 74,781 46,218 377 36,215 -51,890 -9,740
FY1996 453,505 258,016 28,601 69,830 1,481 76,362 45,479 250 38,556 -56,314 -8,758
FY1997 453,586 255,522 23,423 71,909 3,388 77,175 42,477 272 41,992 -55,113 -7,459
FY1998 449,877 256,744 21,081 69,357 -13 78,655 43,422 -211 40,406 -51,514 -8,049
FY1999 452,936 260,493 21,752 68,351 -2,986 81,524 43,153 -84 42,841 -54,897 -7,212
FY2000 464,337 264,136 21,652 72,651 543 84,488 40,018 -31 46,914 -60,396 -5,637
FY2001 461,476 268,647 20,222 69,568 -1,013 87,639 37,873 -210 43,300 -58,424 -6,127
FY2002 465,682 271,800 19,850 67,339 -1,047 89,426 36,055 -123 48,533 -61,189 -4,961
FY2003 475,360 274,254 19,789 69,752 894 91,214 33,387 -293 53,334 -62,616 -4,354
FY2004 482,632 276,715 20,100 72,783 1,647 92,034 30,661 9 59,578 -68,092 -2,803
FY2005 492,688 281,592 20,016 78,344 654 92,401 28,262 19 65,229 -72,284 -1,545
FY2006 499,646 283,636 20,083 80,381 1,036 92,733 26,452 -37 70,896 -74,873 -661
FY2007 505,507 285,925 17,254 79,832 1,831 93,940 25,333 89 77,607 -76,699 396
FY2008 488,034 280,045 17,003 75,030 2,186 93,421 24,283 -30 69,656 -73,338 -223
FY2009 477,511 282,715 13,557 66,088 -4,903 95,994 26,558 25 63,394 -65,526 -391
FY2010 492,833 286,394 13,892 67,610 1,231 98,053 24,675 -95 74,749 -73,435 -241
FY2011 495,054 288,547 14,302 70,481 1,451 99,762 24,199 3 73,571 -77,247 -16
FY2012 499,634 293,729 15,029 72,143 851 101,071 24,503 18 72,388 -80,156 57
FY2013 512,652 301,683 16,280 77,176 -1,533 102,831 26,605 36 75,582 -85,862 -146
FY2014 510,302 293,703 14,665 79,043 808 103,235 26,057 72 82,200 -89,541 61
FY2015 516,792 295,373 15,069 79,532 2,663 105,348 25,565 22 82,774 -89,714 160
FY2016 523,474 297,376 16,056 81,505 600 105,743 24,747 20 85,422 -88,472 477

背景色をつけた年度の意味は下の通り。

  • ピンク色にしたのが東日本大震災(2011/3)
  • 黄色にしたのが黒田日銀総裁による3度の金融緩和(2013/4, 2014/10, 2016/1)
  • 橙色にしたのが8%への消費増税(2014/4)

「GDP=景気」ではない

さて、ご覧になってみていかがでしょうか?

GDPは順調に増加していますね。よって「東日本大震災も消費増税も乗り越え、日本は好景気に湧いている」でしょうか?おそらく大多数の方の実感とは程遠いはずです。そして、その実感の方が正しい。他の統計にも目を向けると、GDPでは見えてこない全く別の姿が浮かび上がるのですから。

GDPは一つの参考数値でしかありません。だって、穴を掘って埋めるだけでもGDPという数字は増えるんです。しかし、これで日本経済が良くなったと言えるでしょうか?
穴を掘って埋めるだけ…、まさに政府主導の公共投資がこれに当たります。上の表を見て頂ければ分かる通り、GDPの内訳の中で「政府最終消費支出」は2番目に大きく、今なお増え続けています。しかし、地方創生、クールジャパン(最近こんな記事がありましたね)、そしておそらくは東京オリンピックも、日本のためになる付加価値を産み出すどころか、赤字を垂れ流す負債を残すだけでしょう。穴を掘って埋めてくれればまだマシ…と言えるのかもしれません(笑)。

日本経済に資する投資となっているかどうか、それはその投資が利益を生み出しているかどうかに他なりません。あえて生々しい表現をすれば、”経済力=お金を稼ぐ力”なのですから。GDPという数字の増減のみに一喜一憂するのはナンセンスであり、その質に目を向けねばなりません

日本は国内消費に支えられた内需国家である

では、この表から何か普遍的な事実を読み取ることはできるのでしょうか?

GDP統計の数字の中で、飛び抜けて大きな項目がありますよね。「民間最終消費支出」です。1994年度から今に至るまで、ずっとGDPの約6割を占め続けています。一方、マスメディアが好きな「輸出」はわずか8~16%。
日本経済は皆様の国内消費によって支えられているのです。日本は輸出国家ではありません。総中流階級とも言われる均質な日本人1億人の消費需要に支えられてきた究めて内向きな内需国家である、これが重要なFactです。

マスメディアは輸出がどうとか設備投資がどうとか、そんな記事を多く流しますが、日本の景気を語るなら国内消費に目を向けるのが筋です。
GDP統計の「民間最終消費支出」も何となく増えているように見えるかもしれません。が、GDP統計の数字は会計的な補正が諸々入っています。例えば、持家であっても自分が自分に家賃を払っていると考え、その支払額が計上されていたりするのです。

国内消費の動向をストレートに見るには、GDP計算の元ネタにもなってる”家計調査”というデータが便利です。次回はそちらを紹介させて頂きます。