今月の株式投資

8月も今日で終了ですね。月末なので例によって投資成績を集計したところ、

  • 指数リバランス等のイベント需給トレード:プラス
  • システムトレード(スイング):プラス
  • システムトレード(デイトレ):マイナス

となり、合計損益は若干プラスとなりました。金額は決して大きくありませんし、ほぼトントンといったところでしょうか。

2020年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
イベントトレード
システムトレード(スイング)
システムトレード(デイトレ)
合計

雑感

202008_NK225

指数で見ると、先週末に安倍首相辞任のニュースもあって比較的大きな下落があった以外は、緩やかな上昇トレンドとなるでしょうか。私自身は安倍さんの人柄にも思想にも特に興味はありませんが、アベノミクスと呼ばれる彼の経済政策だけは早くストップをかけた方がいいです。このブログでは日本のマクロ経済についても記事にしてお伝えしようと思っているのですが、現在時間がとれず、更新できていません。落ち着いたらキチンと数字を集計してまとめますが、トレンドに大きな変化はありません。一言で言えば「景気は悪化を続け、しかも大きな負の遺産を抱えてしまった」状態です。

今後株式市場がどう動くか、それは誰にも分かりません。ランダムウォークですから。
しかし、国内景気は悪化の一途をたどっているにも関わらず、公的資金で釣り上げられた日本の株式市場は、少なくとも長期投資には向かないというのが個人的な考えです。短期的なトレードを積み重ねることこそが、正しい戦略だと思います。上昇相場に強いイベントトレードと、下落相場に強いシステムトレードをうまく組み合わせれば、相場全体の上げ下げ(β)による影響をほぼ消すこともできますし。腰を据えた投資先を探している方は、米国市場に目を向けられた方がいいでしょう(私自身も実践していることです)。

選抜株式レースの方は、現金選択も交えながら少しずつ利益を積み重ねていましたが、先週選択した銘柄が大きく足をひっぱってしまいました。実際のトレードではまだ保有していますが、レース銘柄の方は一旦変更することにしました。月も変わって心機一転、またコツコツとやっていきたいと思います。