インドを旅するにあたって、私は通信環境を確保することにしました。

  • 旅を快適に進められる(地図、諸々の手配や調べごと)
  • 最低限の仕事をしながら旅ができる(トレード、ブログ、メール)

インターネットって本当に素晴らしいです。インターネットがなければ、今の私の生活はそもそも成り立ちません。

私が普段使っているのはSIMロックフリーのiPhone。なので、当初は現地でプリペイドSIMを買ってiPhoneにさそうと考えていたんですが、どうやらインドではプリペイドSIM購入に現地の電話番号が必要だったりして、州によってはかなり難しいことを知ります(特に私が入国したバンガロールは難易度が高いという噂)。

という訳で、初めて海外用WiFiルーターをレンタルしてみました。
お世話になったのは、テレコムスクエア社のWi-Ho!
高速な4G回線という条件で、主に価格面を比較検討した結果です。ちなみに、インド14日間のレンタルで9,520円(1日250MBまで)、保証つきで12,544円というお値段でした。保証をつけると約900円/日となりますが、それでも日本の大手通信キャリアのローミングサービスより随分安いです。

受取と返却

自宅への無料宅配(前日)、空港カウンターでの受取(当日)のいずれかになりますが、私は空港での受取を選択しました。自宅への宅配も便利そうですが、出発日前日となるため、何かトラブルがあると嫌だなと思っただけです。
関西空港に到着後、出発ロビーにある空港カウンターに向かうと、長蛇の行列ができていてビックリ。私が出国したのは2/26ですから、ピークシーズンという訳でもありません。若い方が多く(卒業旅行?)、彼らにとって今やインターネットは欠かせないツールなのでしょう。いずれにしろ、空港受取を選択する場合は早目に空港に行くのがいいと思います。
返却は関西空港の到着ロビーに設置された回収ボックスに入れるだけ。行列もなく、すぐに終わりました。

現地での使い勝手

バンガロール空港到着後、すぐにWiFiルーターの電源を入れてみました。数十秒で立ち上がり、WiFiをiPhoneで掴んでみると、何の問題もなく使えました。AirtelというインドでシェアNo.1の通信キャリアの回線を利用していて、通信速度も問題ありません。
今回宿泊した南インドの中級ホテルには大抵部屋に無料WiFiがありましたが、中には不安定でつながらなかったり、つながっても速度が出なかったりすることがありました。WiFiルーターの方が断然つながりやすくて速度も速かったです。ハンピという田舎の村ではつながりにくかったですが、まあ仕方ないのではないでしょうか。

  • バス、オートリキシャ、そして夜行列車に乗っている時、自分が今いる場所と目的地までの距離が分かる(特にインドの鉄道は遅れるので何時に目的地に着くのかハッキリせず、とても重宝しました)
  • お目当ての観光地やレストラン、ホテルまでの道案内
  • ネット上の口コミや天気の確認

便利な世の中になったものです。20年前の北インド旅行の時と比べて、今回の南インドは随分快適に旅ができましたが、インターネットの恩恵も多分にあると思います。

トラブル発生&インド鉄道の不思議

ところが、旅も終盤に入り、鉄道でインド大陸最南端のカニャークマリからコーチンへ北上していた時、いきなりトラブルに見舞われました。全くつながらないんです。
WiHo!のサポート窓口にも電話してみましたが、解決しません。どうやら同じトラブルが多数発生しているらしく、Airtelのネットワーク側に問題がある可能性が高い。となれば、解決には時間がかかるでしょう。

ネットにつながらないくらい、普通ならあきらめるところですが、私は日課のようにシステムによるデイトレードを実行していたのです。相場に張りつく訳ではありません。前日に注文を入れておき、当日中に手仕舞い注文を入れる、ただそれだけです。しかし、翌日に持ちこすのは極めてリスクが高く、日本の株式市場が閉まるまでには絶対に手仕舞わなければなりません。運悪くこの日は日中の移動で、ホテルに着いてからでは間に合わない…。

さあ、困ったことになりました。下手すれば大損失です。日本にいる家族に電話してみましたが、あいにくつながらず。もう打つ手はありません。
ところが、ダメもとでiPhoneをいじっていた時、不思議なことに急に接続できました。理由は分かりませんが、手元のWiFiルーターが動いていないことは確かです。しかし、考えてる暇はありません。即効で手仕舞い注文を入れましたが、残念ながら全ての注文を入れ終わる前に切れてしまいました。
初めは誰かのスマホにタマタマつながったのかと思いましたが、何度か試した結果、分かったことがあります。列車が駅に近づいてスピードを落とした時、突如として無料のWiFiが現れることがあるのです。今でも理由は分かりません。単なる偶然だったのかも…。しかし、私は次のチャンスで全ての注文を入れ終えました!(笑)

トラブル対応

現地でのトラブル発生時はもちろん、帰国後も何度かWi-Ho!さんとやりとりしました。Wi-Ho!さんのトラブル対応は概ねこんな感じです。

  • トラブルの調査・復旧状況をほぼ毎日電話連絡(現地)
  • 復旧の確認、利用できなかった期間等の情報をメールでやりとり(現地~日本)
  • 返却確認後、利用できなかった期間分の料金を返金(日本)

そもそもトラブルは起きて欲しくないところですが、起きてしまったトラブルへの対応という意味では真摯に対応頂いたと思います。ただ、現地にいる私に「まだ調査中です」と毎日電話頂くのは、できればやめて欲しかったですけど。私も以前情報システムのエンジニアをやっていたことがあるので気持ちは分かりますし、人によっては必要という方もいらっしゃるでしょうが、国際電話の着信料金が…(笑)。