昨日は日経平均に新たに採用された8028ファミリーマートのリバランス日でした。1日チャートを掲載します。

20160826_8028ファミリーマート

私は上がり過ぎと判断して前日までには全て手仕舞いしましたが、一方で「ウェイトが大きい銘柄だし、前日売り禁になったし、もしかしたらすごい値動きが発生するかも…」と期待していました。残念ながら最後は失速してしまいましたが、それでも十分な株価上昇だったのではないでしょうか?
ウェートと上昇率の比較表もアップデートしておきます(赤字部分)

銘柄 発表日
終値①
みなし
額面②
組入株価③
=①*50/②
発表日
日経平均④
除数⑤ ウェート⑥
=③/(④*⑤)
リバランス日
終値⑦
上昇率
=⑦/①
8028 ファミリーマート 6,380 50 6,380 16391.45 25.596 1.52% 7,800 22.26%
7272 ヤマハ発動機 1,535 50 1,535 16,095.65 25.495 0.37% 1,758 14.53%
1808 長谷工コーポ 1,308 250 262 17792.16 25.473 0.06% 1,350 3.21%
2432 ディー・エヌ・エー 2,011 500/3 603 17792.16 25.473 0.13% 2,219 10.34%

ウェートと上昇率の正の相関は今回も守られました。サンプル数は少ないですが、それにしても規則的な値動きだと思いませんか?私はもっと過去に遡って分析していますが、明らかにウェートと上昇率の間には正の相関がみられます。

「株式市場は効率的で株価はランダムウォークしている」とする現代ポートフォリオ理論(MPT: Modern Portfolio Theory)は基本的には正しいと私も思います。アナリストとやらが組成した妙な投資信託を買うくらいなら、インデックスファンドを買う方が余程合理的でしょう。
しかし、時折ランダムウォークを超える「歪み」が市場に発生するのもまた事実です。私は需給に注目してこういった局面をとらえ、間違った株価を訂正するサービス業を営んでいるのかもしれません。歪みの結果、株価が高すぎると判断した時に売り、安すぎると判断した時に買うという訳です。

9月もまた入替があるかもしれませんし、引き続きフォローしてみたいと思います。