先日、無性に美味い魚が食べたくなり、由良に出かけました。
由良は、洲本(淡路島の中心地)から少し南に行った所にあり、成ヶ島という細長い天然の防波堤に守られた良港に恵まれた土地で、ウニ、アワビ、ハモ等が有名な漁師町でもあります。当初、移住者である我々が車でメインストリートを走っただけでは、どこにお店があるのか分からなかったんですが、島で仲良くさせて頂いている友人から「ふじ一」というお寿司屋さんを教えてもらいました。

念のため事前に電話をかけて営業日であることを確認した上でお店に向かうと、まさに地元密着といった佇まい。最初どこがお店か分からなかったくらいです(笑)。

ふじ一

どんなお寿司屋さんなんだろうと思いながら中に入ってみると、ご近所さんと思われる方々で賑わっていて、気取った感じは全くありません。むしろ、アットホームな雰囲気にあふれ、皆さん、料理をつまみながら家族や仲間との時間を思い思いに楽しまれていました。
ただし、メニューはありません。お店の方と話しながら、オススメ料理をいくつか頼んでみました。

トコブシ(小さなアワビとも)の煮つけ
トコブシ

サワラのたたき
さわらのタタキ

おまかせにぎり
おまかせにぎり

いや、どれもマジで美味かったです。
念願だった由良のウニを食べることもできましたし(今度は日本一とも言われる赤ウニを食べてみたい!)、サワラのたたきがこれ程美味いとは知りませんでした。元来足のはやいサワラが全く生臭くないというのも漁師町ならでは。

高級食材も含め、これだけの鮮度の魚に舌鼓を打ち、大満足の妻と私。
ただ、お寿司屋さんで値段も知らずに注文していたので、お会計が少々怖くなってきました(笑)。
が、妻と2人でなんと8,500円(赤だしの味噌汁、ノンアルコールビール1本込)。
気軽に入れるお店の雰囲気も好みですし、今後ちょくちょく足を運ぶことになりそうです。ちなみに、周りのお客さんも、「煮物で何か旬のものを」とか「焼き物がいいなあ」とか、そんな感じで注文していました。いろんな料理があるみたいですし、季節ごとに料理が変わりそうなのも楽しみです。

「食」は田舎暮らしの大きな楽しみですからね。
また一つ、淡路島でお気に入りの場所が増えました。